ソーラーパネルって何?

ソーラーパネルって何?

最近、ソーラーパネルという言葉をよく耳にすると思います。
ソーラーパネルとは、いったいどのようなモノなのでしょうか。
太陽光発電を設置するには、たくさんの太陽電池を繋げることによって必要な電圧を得なければなりません。
その繋げた板をソーラーパネルといいます。
より具体的にいうならばソーラーパネルを構成しているのが太陽電池で、ソーラーパネルが太陽光(エネルギー)を受けることによって、光エネルギーを電力に変換することができるのです。
(ちなみにソーラーパネルを構成する太陽電池を「セル」、そしてセルを並べたものを「モジュール」といいます。)
当然のことですがソーラーパネルの性能が良くなればなるほど、太陽光発電から得られる電力が増えるのです。